今の時期の”カブ”


カブは冬のものと思っていましたが、新規就農の方から頂きました。
奥方の提案で、酢漬けにしたら、(@_@)するほど美味しいです😋

続きを読む

だんだん良くなる手打ちのうどん!

DSCN5116.jpg
今日は農園の”手打ちうどんの会”!

講師の方の都合で、先月に続いて自習でした。
リーダーが専用の”粉”を阪急宝塚店で調達してくれて、生地から作る試みの2回目でした。
うどん粉

小生は前回生地を作る時に塩水を入れ過ぎて、柔らくなってしまったので、少しづつ入れてはかき混ぜたところ丁度良い硬さ=耳たぶもの硬さ=に仕上がりました🙌

帰宅して夕食用に茹でたら、喉ごしの良いうどんが出来ました😋\(^o^)/
気が付いたら、写真を撮り忘れて完食( ;∀;)

夏休みに集合する孫たちに振るまえるように、さらに数回は練習するつもり

レタスを使い切る🙌

DSCN5108.jpg
今季のレタスは巻きが悪くて、外葉が多いです(>_<)
捨てるのは悔しいので、クックパッドを「レタス 炒める」で検索
ありました🙌

続きを読む

難波葱(なにわねぎ)!



昨日夕方のTVで、”難波葱”が大阪府の「なにわの伝統野菜」に登録されたと紹介がありました。

”葱”と言えば、群馬県下仁田町の「下仁田ねぎ」、兵庫県朝来の「岩津ねぎ」、京都の「九条ねぎ」が特産品として有名ですが、江戸から明治にかけて大阪市の南海難波駅周辺で「難波ねぎ」が広く栽培されていたそうです。
特徴は、柔らかく甘い、独特の”ぬめり”が多いこと!
しかし、柔らか過ぎて輸送上の問題や機械加工し難いなどの為に急速に栽培が減って行きました。九条ねぎの原種とも言われ又「鴨なんば」の由来とも言われているそうです。
TVではアナウンサーが簡単な料理(炒めるだけ?)で美味しいと唸っていました。

私も岩津ねぎ、九条ねぎ、(下仁田ねぎの別名)鍋ちゃんねぎといろいろ作って来て、葱大好き人間なのでこの冬には是非味わいたいと思いました。~食いしん坊🙌

種や苗は売ってないと思われるので、大阪天王寺の赤松種苗さんに一度聞いてみよう!

興味のある方は、ネットでどうぞ☞「難波葱」

トマトは斜め植え

DSCN5021.jpg
トマトは茎の部分を垂直な穴に対して斜めに植えて、首まで土に埋めるようにすると成長が旺盛になるそうです。
ナスやキュウリなどは垂直に植えて、ポットの上面に土が載るか載らないかくらいの浅植えが良いそうなので、ちょっと違いますね。

トマト植付け1 
今年発芽器からポットに移植時のことですが、
徒長してひょろひょろした苗でした。
徒長苗 
それを下図のように斜めに植えたところ、立派な苗に育ちました。
徒長苗2 
トマト植付け3 

DSCN5026.jpg 

これに味をしめて、本日定植に当たって斜め植えにしました。
大玉の”桃太郎”4本とミニの”ミニキャロル”3本です。
老人会の方にも植えるので、本数を減らしております。
DSCN5023.jpg



プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴8年、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や漬物作りにも興味を持ち始めてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる