津山帰省!<蒜山高原編>

DSCN9344.jpg

昨日は早朝の津山城を後にして一路鳥取県との境の蒜山高原へ!
DSCN9380.jpg

20年ぶりに訪れた蒜山高原はすっかりリゾート地へ変身(@_@)
しかし、牧歌的な風景も残っています。
ジャージー乳牛の放牧も健在
DSCN9405.jpg

蒜山三座は変わりなし!
左から、上座・中座・下座とドッシリした構えです。
DSCN9473.jpg

白樺は北海道気分
DSCN9433.jpg

遠くには伯耆大山が遠望されます。
DSCN9481.jpg




津山帰省!<中島病院編>

中島病院旧本館は敷地内に「城西浪漫館」として保存されて、大正時代最新医療にかける新進気鋭の医師の姿と支えた津山人の心意気を伝えています。
国の登録有形文化財にも指定されて、
HPはこちら
城西浪漫館」
DSCN9371.jpg 

創業者の中島琢之医師の胸像
現理事長の中島壮太現君の祖父です。
DSCN9373.jpg

病院2階の休憩コーナーに「水上の楽園」が展示されていました。
病院内には数多くの絵画が展示されていますが、患者さんたちにも大好評とのことでしたヽ(^。^)ノ
待合室、廊下、各病室に美術館並みの絵画が展示してあったのには吃驚(@_@)
DSCN9325.jpg


DSCN9322_20180610225706896.jpg

「中島病院のHP」

津山帰省!<多胡酒造場編>


中国道を渋滞なく走って中島病院訪問の前に時間がとれたので、創業寛文年間・300年の歴史を持つ「多胡本家酒造場」を訪れました。
銘柄の「加茂五葉」(かもいつは)は、清流・加茂川と五葉の松に因みます。
DSCN9310.jpg

品種が多くて目移りしますが、選ぶ楽しみもまた一入ヽ(^o^)丿
DSCN9312.jpg

山田錦に引けを取らない岡山特産の「雄町米」の純米酒をチョイス
DSCN9492_20180610204123872.jpg

カウンターの奥には歴代総理の色紙が何気なく並びます。
DSCN9316.jpg

DSCN9491.jpg

次は中島病院へ

キリマンジェロ遊覧!

キリマンジェロ

研究室の先輩から、ご主人と先月タンザニアに旅行された時のキリマンジェロの空撮写真をいただきました。
雪と氷に覆われた山頂(5895m)の噴火口が見事に撮れてます🙌
(人''▽`)ありがとう☆ございました。
赤道直下の国ですが、夏服は必要なかったそうです。

これから津山へ3人、弥次喜多道中に出発で~す


危うく忘れるところでしたが、発芽したキュウリが旅行中に徒長する恐れがあるので、発芽器からベランダに移しました。
播種から三日目!気温が高いと成長が早い(@_@)
ちょっと早すぎるかな?

DSCN9296.jpg



明後日から津山へ



土・日にかけて中学の同級生3人で、津山~蒜山高原に出かけます\(^o^)/

津山で古くから親しまれている郷土料理「そずり鍋」を予約してあります。

”そずる”とは、津山の方言で”けずる”ことです(@_@)

そずり肉と呼ばれる作州牛の骨からそずり(削り)落とされた肉を使います。(マグロの中落ちのようなもので、骨の廻りの肉は特に旨い)

醤油ベースの甘辛の割り下にそずり肉を入れ、野菜やキノコ、豆腐と煮込みます。見かけよりあっさりとした出汁の味と、とろとろに煮込んだ肉の食感は絶品です😋
e75a942bfb97e18d28ad20c587f0af72.jpg

値段もリーズナブルで、ビールにも酎ハイにもよく合います。
〆はうどんよし!そばよし!

お薦めは、「お染」さん
s_1002.jpg

「友と来て仲間といっぱい舌づつみ」の文言も気に入っています🙌
<お染>
津山市戸川町5-2
TEL:0868-23-6545




プロフィール

食いしん坊2号

Author:食いしん坊2号
家庭菜園歴9年目、食べることとお酒を嗜む(ときどき(๑≧౪≦))こと大好きおやじです。最近は、”男のええ加減料理”や”漬物作り”も少しづつ出来るようになりました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる